バドミントン練習方法

バドミントンテクニック

バドミントンの基本的な技やテクニックをお伝えします。
バドミントンをおこなうにあたり、基礎を学ぶことは大切です。
バドミントンの練習をしっかり行い楽しいバドミントンを心がけましょう。

 

 

■クリアー

 

バドミントンにおけるクリアとは、相手のコートの深いところにシャトルを打上げる球種の事です。

 

クリアには、2種類あります。
1つは守りに徹したい時や、体制を立て直したい時に、滞空時間の長い打球を打つのがハイクリアーです。
高くシャトルを上げます。
逆に、相手が届かないギリギリの高さを狙って、速く滞空時間の短いクリアをドリブンクリアーと呼びます。

 

バドミントンんでのクリアーは、バックラインギリギリのところまで飛ばすのがポイントです。
中途半端な位置へのクリアーは、逆に相手に絶好のチャンスを与えてしまいます。

 

 

■ドロップ

 

バドミントンでのドロップは、なんどなくわかりますね。
ネット近くに落とす打球です。

 

落とし方も、スピードをつけて落としたり、フェイント気味に力を抜いて、ふわっと落としたり、緩急をつけると、より効果的な打球となります。

 

このドロップは、フォームからドロップを打つと見破られてしまうと効果が半減してしまうので、クリアーやスマッシュを打つ体勢からドロップを打つとより効果的です。何度も練習が必要です。

 

 

■スマッシュ

 

バドミントンの花形的なショットです。
オーバヘッドストロークから体重を加えて、全身の力を込めて打ちこむ打球です。

 

又、強いスマッシュを持っていれば相手を牽制させることもできますので、ドロップなど他の打球も活きてきます。

 

速さ、角度に変化をつけることにより、より効果的になります。

 

 

■プッシュ

 

ネット際に上がってきたシャトルを打ちこむ打球です。
テニスでいうところのボレーに当たります。

 

決めの打球となる場合が多いですが、返された場合に定位置まで戻るのが困難で逆に相手に点数を与える場合が多いです。

 

打球の強よりも、打つコースの方がより大切なポイントとなります。
打つ瞬間まで相手にコースを読まれないように、気をつけましょう。

 

 

■ヘアピン

 

ネット際に落ちてきたシャトルを、逆にネット高さギリギリに返す打球です。
シャトルが浮き上がりやすいため難しい技ですが、ネット際での戦いを制すには不可欠な打球です。

 

シャトルの重さが分かるくらい、やさしく打つのが基本です。
他にも、スピンをかけて打ったり、逆サイドを狙うなど、バリエーションは多いです。

 

 

■ドライブ

 

ネットの高さギリギリに直線的に打つ打球です。
ダブルスでは、必須のショットと言えるでしょう。

 

ドライブにはドライブで返されることが多いので試合の展開も速くなりますし、見ている方も迫力を感じます。

 

ポイントは、コースを狙って返しづらい場所に打つ事です。

 

シャトルが浮き上がってしまうと、相手にスマッシュや、プッシュを打たれてしまうので、浮き上がらないように打つのも大切です。

Sponsored Link