バドミントン練習方法

バドミントン ドロップ

バドミントンでのドロップは、ネットすれすれの緩やかな球で相手フロントコートに落とすショットです。

 

バドミントンの試合における決め球とまでは言えませんが、クリアーなどと組み合わせることで相手を前後に大きく揺さぶることが出来ます。

 

 

■バドミントン ドロップの打ち方

 

バック・スイングまでは、いかにもクリヤーのフォームで、インパクトにかけては力を抜き、ネットに対して斜に角度をつけたラケット面でシャトルを打ちます。

 

この角度が小さければ、カット・スマッシュ、大きければドロップになります。

 

 

■バドミントン ドロップの練習方法

 

最初は、ノックを上げてもらい、クリアーと同じようなフォームでドロップを打つように繰り返し練習しましょう。

 

フォームを覚えたら1対1でネットギリギリにゆるい球で相手フロントコートに落とせるように練習しましょう。

 

コノ中で、クリアーと同じフォームで打つことが最重要になります。
なので、一人で練習する場合もソレを意識して素振りを繰り返しましょう。

Sponsored Link