バドミントン クリアー

バドミントンにおけるクリアーは、
「ハイクリアー」と「ドリブンクリアー」に大別されます。


ハイクリアーは、相手に攻撃され守りに回った時に
バックバウンダリ−ライン付近まで高く、遠くに打つショットです。


ドリブンクリアーは、スピードが速く、
まっすぐの軌道を描いて飛びます。


相手の腕とラケットを伸ばしても
ギリギリ届かない位の高さで通り抜け、
相手の体勢を崩す「攻撃的」なショットです。



■バドミントン クリアーの打ち方

ハイクリアーは、
シャトルが頭の上にきた地点でインパクトするのではなく、
腕を真すぐに伸ばし、
地面に対して垂直にした所からやや前方で、
ラケットの面がやや上方を向いた時点で
インパクトをしましょう。

インパクトの直前までグリップエンドが先行し、
インパクト以降はラケットヘッドが先行するストローク感覚を
体得しましょう。

クリアーを打つ時にシャトルを打とうとするのではなく
正しいストロークをすることに集中しましょう。

ドリブンクリアーは、
インパクトの直前までハイクリアーと同じようなフォームで
打つことです。

ハイクリアーとの違いは、
インパクトの瞬間に面が上方に向いているのではなく、
ほぼ垂直にすることです。

インパクト地点は、真上かやや前方。
体重を前方にかけ、シャトルを押し出すイメージで打ちます。



■バドミントン クリアー練習方法

まず大切なのは、正しいフォームを身に付けましょう。
そのために素振りの時に、誰か自分の後ろに立ってもらい
軽くラケットヘッドを押さえてもらって
自然とグリップエンドから振れるような練習をしましょう。

もっと効果的な素振りとして、
タオルなどの目標物を上から垂らして素振りを行うと
より実践的な素振りになります。

正しいフォームをマスターしたら、
シャトルを打ってみましょう。

自分の立ってる位置にノックしてもらい、
最初はラケット面をフラットにしてインパクトするようにし、
ちゃんと当たるようになってきたら
手首の回内を鋭く早めて打つようにします。



スポンサード リンク