バドミントン ロビング

バドミントンでのロビングについてお話します。


バドミントンでのロビングは、腕全体を振らず、
手首の回内、回外を使い
前腕と手首の動きでシャープに打ちます。



■バドミントン ロビングの打ち方

バドミントンでのロビングは、腕全体を振らず、
手首の回内、回外を使い
前腕と手首の動きでシャープに打ちます。

テイクバックは肩をあまり入れずに、
リストスタンドとひじの曲げで形を作り、
力ではなく前腕の外旋と手首の回外
(前腕の内旋と手首の回内)のタイミングで
シャトルを打ちます。



■バドミントン ロビング練習方法

1.手投げノックが有効です。
ネット前にシャトルを投げてもらい、
一歩踏み出して打ちます。
そのときアタックロブとハイロブを
使い分けて打つのが良いです。

2.基礎打ちのときからロブを使う場面は多いです。
ロブが低すぎたり浅くなったときは、
相手のチャンスボールになってしまいます。
常に奥まで返球することを意識しながら練習しましょう。

スポンサード リンク