バドミントン練習方法

バドミントン ヘアピン

バドミントンはネットをはさんで戦うスポーツです。
バドミントンは、ネット際の攻防が大きな鍵を握ります。
つなぎにもなるし、攻撃のきっかけにもなるからです。

 

打点の高低、打球の速さ、ネットとの距離、自分の体勢などを一瞬で判断して打たなければなりません。

 

シャトルを弾ませずスピードを殺すのだから、ちょっとでも判断を間違えるとネットにかけたり高く浮いて相手のチャンスボールになってしまいます。

 

非常にデリケートなショットです。
練習しだいでスピンをかける高度なテクニックもあります。

 

いいヘアピンに対しては、ロブかヘアピンでかえすしかないのだからラリーが有利に展開します。

 

つまりヘアピンでネットを制すればゲームの主導権を握ることが出来るのです。

 

 

■バドミントン ヘアピンの打ち方

 

フォア・ストレート
 フォアハンドからのストレートヘアピンです。
 柔らかいタッチでシャトルを包み込むように打ちます。

 

フォア・クロス 
 フォアハンドからクロスのヘアピンです。
 インパクトの瞬間に面をクロスに向けて打ちます。

 

バック・ストレート
 バックハンドからのストレートヘアピンです。
 肘を支点にした打ち方になります。

 

バック・クロス 
 バックハンドからのクロスヘアピンです。
 インパクトの瞬間に面をクロスに向けて打ちます。
 ストレートと違いシャトルとの距離が近いため、手首が支点となります。

 

 

■バドミントン ヘアピンの練習方法

 

手なげノック、あるいは二人でネットをはさんで打ち合いをします。
はじめは多少シャトルが浮いても球が伸びても気にせずに練習しましょう。

 

少しずつ自分の感覚をつかんでいきましょう。
感覚をつかめばフットワークにも気を配ります。

 

実戦では、あらゆる体勢から打つ必要があるので1球1球足を動かす事を意識しましょう。

 

打点の高低やシャトルのスピード、自分の体勢などで微妙にラケットさばきが変わってきます。

 

高い打点でとることが出来れば弾ませるだけでネットすれすれの球が返せます。
又、球足が伸びてしまう危険度も低くなる。

 

ただ、いつも高い打点で打てるとは限りません。
反応が遅ければネットの真ん中、床ぎりぎりの打点からも打ち分けなければいけません。
その場合は、ネットの高さも把握しておかなければいけません。

 

Sponsored Link