バドミントン レシーブ

バドミントンのレシーブについての
打ち方と練習方法です。


■バドミントン レシーブの打ち方

シングルスとダブルスでは
レシーブの使い方が多少違ってきます。

シングルスでは相手を動かすことが目的となり
ネット際への返球が多くなります。

また、ダブルスではコートの奥まで返したり、
ドライブでカウンターを狙ったりと
攻撃的な要素が強くなります。

打ち方はドライブに近いものがあり、
早く足を出してシャトルに近付き、
できるだけ体の前でレシーブするのが理想です。



■バドミントン レシーブの練習方法

最初は手投げノックで
タイミング・打点を覚えるといいでしょう。

慣れてきたらシャトルを投げてもらうテンポや
スピードを早くしてもらったり、
フォアとバックの打ち分けができるように
交互に投げてもらったりするとよいでしょう。

手投げノックでタイミングがつかめてきたら、
実際にスマッシュなどを打ってもらい
レシーブしましょう。

ネット前、コートの奥へ、ドライブで、
ストレート・クロスの打ち分けなど
1つずつできるようにしていきましょう。

スポンサード リンク