バドミントン練習方法

バドミントン ドライブ

バドミントンのドライブは重要なショットです。
バドミントンの練習というとドライブの練習ばかりをやりがちです。

 

ソレくらいバドミントンにおいてのドライブは効果的な攻撃であり、見た目もカッコイイのです。

 

 

■バドミントン ドライブの打ち方

 

シャトルの飛んでくる方向へいかに早く足を出すかで良いドライブが打てるかどうか決まります。

 

シャトルから下半身が遠いと踏み込んだ足に体重が乗らないので「手打ち」になってしまいます。
しっかり踏み込んで体重を乗せ、より体の前でヒットすることが大切です。

 

スイングはできるだけ小さくして強い球を打ちましょう。
そのためにはインパクトが重要になってきます。

 

インパクトの瞬間に全ての力を使うつもりでシャトルを強くヒットします。
小さなスイングでもフォロースルーは必要です。

 

あまり大きくなりすぎないように打ったあとはすぐにラケットを上げて次に備えましょう。

 

 

■バドミントン ドライブの練習方法

 

初心者の方はノックがいいでしょう。
体の横で打つのではなく、前で打つことを重視し、ストレートとクロスに打ち分けるようにしましょう。

 

慣れてきたら、半面の1対1でフォア・バックを交互に打ち合いましょう。

 

ひとりがストレートでもうひとりがクロスに、シャトルの飛ぶコースが上から見ると8の字になるように打ち合います。

 

お互いにコース・スピードを意識しあえば効果的な練習になります。

 

逆パターンも必ずやりましょう。

Sponsored Link