バドミントン練習 バドミントン練習方法

バドミントンが大人気のようです。


バドミントンは
誰もが一度はやったことがあるでしょう。


今のバドミントン人気は
オグシオ効果もあるのでしょうか?


バドミントンの練習法を学ぶ前に
バドミントンとは何なのか?
バドミントンについて、色々とお話します。


バドミントンの練習方法をお伝えしますので、
バドミントンの練習をして、
更にバドミントンのファンになってください。

スポンサード リンク

バドミントンについて

バドミントンの練習法を学ぶ前に
バドミントンとは何なのか?
バドミントンについて、色々とお話します。


バドミントンの歴史ですが、
9世紀中ごろ、イギリスで、
「バドミントンバドルドア」という羽根突き遊びがあり、
それが現在のバドミントンの基礎となったといわれています。
ルールが確定され、
現在のような形になったのは20世紀初めとの事です。


イメージ的に、バドミントンは
ソフトなスポーツに思われがちですが、
スポーツのハードさを決める上での目安として、
エネルギー代謝の測定では、
野球の投手や、スキーを超え、
サッカー等と同等の数値を持っています。


しかし、バドミントンは、
自分の体力に応じてプレイできるスポーツであり、
手軽に始められる、なじみ易いスポーツであると言えます。


バドミントンを始める為に、個人的に必要なものは
ラケット、シューズになります。


試合は男女のシングルス、ダブルス、混合ダブルスからなり、
男子シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスは15点、
女子シングルスは11点を先取した方が勝ちです。


2006年5月のIBFの理事会で、ルールが変わり、
21点3ゲームのラリーポイント制の実施が
正式に決定されました。
テニスなどのように、
サービスで積極的に攻撃することはできません。


一方でレクリエーションとしては、
それほど体力を消費せずに楽しむことが可能で、
年齢、性別を問わず一般に広く行われています。


また生涯スポーツとしても人気が高いです。


競技のバドミントンは、
一般のイメージとは裏腹にハードなスポーツであるため、
アキレス腱断裂など、
怪我の発生率が比較的高いスポーツでもあります。

スポンサード リンク